砂糖不使用のプレーンタイプのものにしました

只今、主婦をしている身ですが、以前まではディーラーの任務のサラリーマンとして働いていました。
勧誘とは違って、出発をすることもなく、ひたすら端末を相手に仕事をする日毎。
ごはんも独り暮らしだったので、自炊するのが面倒臭く、外食や超絶のお副食ばかりを食べていました。
役割が引きの日光も、昼下がりまでベッドの中で惰眠を捜し求めるばかりで、運動の「う」のワードもありませんでした。

あんな運動欠陥や不摂生な人生が祟ったのでしょう。
いまだに20年代そこそこのさほど若い年齢ものの、絶えず便秘に悩まされ続けていました。

そんな折、とあるTVの元気番組で乳酸菌を大勢取り込むヨーグルトが便秘中止に効果があるという特集されてあり、
気軽に便秘を中止できればと食べ始めたのが、手がかりでした。

直ぐ、コンビニエンスストアや超絶に行くという、目移りするほどバラエティショーのヨーグルトが売られていました。
長期間迷った結論、ニュースも見かけたことがある、うたい文句「生きて腸にまで届く」を褒めちぎる(?)ヨーグルトを選びました。
その中でも、加糖タイプではなく、砂糖不使用のプレーンタイプのものにしました

がんらい、ヨーグルトは好きな方であったので、そうしたら毎朝1回は取るようにしました。
その他、砂糖不使用のものを選んだので、砂糖の代わりにハチミツをかけて召し上がるようにしました。
くよくよ調べてみたところ、ハチミツには便秘阻止に効果がある『グルコン酸』という種が含まれているそうで、
ヨーグルトにわたってたべるといった、整腸影響がグングン働くと言われていたからです。

また、友だちに教えてもらったやり方で、アーモンドやクルミなどのナッツ一団もヨーグルトにトッピングして食べている。
さらりとしたヨーグルトに、ナッツの香ばしさが口の中で良い言い方になるのはもちろん、
食物繊維を数多く含み一際クルミは豊富なビタミンってタンパク質などの栄養バランスにも良しミールだ。
グングン体の中にいらっしゃる毒物なども除去して得る効能を持っている結果、便秘点検にはなんだか打って擦り込みだ。
やはり、取る過ぎは良くありませんが、ヨーグルトのトッピング程度の量であれば一際問題はありません。

ヨーグルトを毎朝、取るようになって、3日光もした頃から毎朝のお通じがやけにスムーズになりました。
今では一度も手強い便秘に悩むことはなく、おまけに最近では大腸カメラによる元気見立てを行いましたが、やはり乱れ零。
お医者さんからは、「キレイなロゼをした腸だね」と誉め話まで頂きました。出産した後の髪の状態が悪い場合